消費税アップ前! ノマド必須アイテム!MacBookシリーズ用バッテリー(60Wh)

MacBookシリーズのモバイルバッテリーの決定版、
『Hyper Juice』の60whサイズが、在庫残り僅かとなりました。

明日からの消費税率アップ前に、
手に入れておいては如何でしょうか?

http://on.fb.me/1cOF6HW

・60Wh・・・19,800円(送料込)

こちらの商品、重さは360gで、
iPad mini(336g)と変わらない重さ。

MacBookAirならプラス2〜3時間、
iPadやiPhoneであれば、
フル充電が何回かできるので、
これ1台あれば1日中外にいても、
安心かつ、重さも気にならない範囲。
これは女性には嬉しいですね。

もともと海外初の製品ですが、
日本ではアクト2という会社が、
22,800円で販売していますので、
3,000円もお得ということになりますね!

http://www.act2.com/brands/hyperjuice/whatishyperjuice/

第一弾の販売では、
日本の正規販売代理店よりも15%も安い
金額でしたので、あっという間に注文が入りました。

明日からの新生活へ向け、
外でバリバリと仕事をこなせるように、
ノマドギアを揃えてみては如何でしょうか?

<Hyper Juice注文フォーム>
→ http://bit.ly/1esea4H

SONY α7R(世界最小のフルサイズミラーレス一眼)をゲットしました!

宣言していたとおり、注文していた
世界最小のフルサイズ一眼レフの『α7』シリーズ、
それもα7R(3640万画素)をゲットしてきました!
(α7は2430万画素)

実はこちら、価格コムより安く手に入れることができました。
価格コムの口コミ掲示板をウォッチしていたところ、
東京都内の某ショップで、レンズとセットの場合のみの
台数限定キャンペーンをやっていたのです!

価格コムよりも1万円ほど安く手に入れることができています。
一眼レフの魅力は、なんといっても
レンズが交換できること。

逆に言うと、レンズは迷いに迷うのです!
結論として、現在出ているレンズで、
最も広角(広い範囲が撮影できる)な、

こちらにしました。
http://www.sony.jp/ichigan/products/SEL2470Z/feature_1.html

これで海外ノマドで私が目にしたものを、
より忠実にお伝えすることができます!

そこで、先日結成した『ノマド音楽研究会』に続き、
『ノマド写真研究会』を結成します!

この会の主旨はシンプルです。

あなたの『ノマド』に関連する写真をアップするだけ。
`````````````````````````

・あなたが持っているノマドギアの写真
・あなたがノマドをしたノマドスポットの写真
・海外ノマド中に発見した素敵な光景

などなど、とにかくノマドに関連したものであれば、
何でも構いません。

また、『以下に素敵な写真を撮れるか』を追求するために、
どんなカメラを使えば良いか、
どのような設定で撮れば良いか、
なども追求していきます。

ここにはプロのカメラマンも招待していますので、
具体的なドバイスが聞けるかも!?
私も現在、個別にアドバイスを頂いています(^^)

ノマド音楽研究会は現在65名が参加。
ノマド写真研究会はもっとターゲットが絞られるため、
もっと少なくなるとは思いますが、
参加してみたいと思う方、

参加申請はこちらからお願いします!

https://www.facebook.com/groups/1428559280717507/

海外ノマド中のアクティビティには『Go Pro』を!

海外ノマドで様々なアクティビティーをより楽しくしてくれるアイテム、
それが『Go Pro』という小型のビデオカメラです。

この動画にあるように、高画質で面白い映像が撮れますね。

https://www.youtube.com/watch?v=jGGIgcFgnOk&feature=em-subs_digest

世界一多彩なカメラ『Go Pro』

http://jp.gopro.com/

これだけ高画質で面白い映像が撮れて、
価格はなんと一番高い『Black Edition』でも4万3千円です。

平城はまだ手に入れていませんが、
α7Rの次にはこれをゲットしたいと思います!

価格.comでGoProを見る:

http://bit.ly/1hMwbOY

SONYのRX-100M2で写真を極める

私はfacebookやブログに投稿する写真は基本的に自分で撮影しています。
SONYのRX-100M2というカメラを使っています。

これはカメラの中では『高級コンデジ』というジャンルに分類されます。
(正式には『高級コンパクトデジタルカメラ』)

ちょうどポケットに入るか、入らないかぐらいの大きさのものを、
『コンパクトデジカメ』、略して『コンデジ』と呼びますが、
その中でも、画質に拘ったものを『高級コンデジ』と呼びます。

このカメラは高級コンデジの中でも特に画質が良く、
プロのカメラマンからも評判が良いですね。

私がこのカメラを使っている理由としては、
画質と携帯性のバランスが良いからです。

海外ノマドの旅においては、
移動日は1日歩き続ける、ということもあります。

そういう時に、重い一眼レフを首から下げていては、
とてもじゃないけど疲れてしょうがありません。

このカメラは281gと、何と重さ478gのiPad Airよりもかなり軽いです。

私が現在情報発信しているテーマは、『海外ノマド』。

『百聞は一見に如かず』という言葉がありますが、
やはり海外ノマドの楽しみを伝えるために、

『海外で出会った素敵な光景を、如何に魅力的伝えるか?』

という点についてかなり気を使っています。

写真の勉強もしています。

最近、下記のイルコさんという写真家に出会ったことにより、
より写真についての興味が強くなりました。

http://www.ilkoallexandroff.com/

彼に師事して写真を学びたいと思ったぐらいですね。
同時に、RX-100M2の限界も感じてきたので、
少し重くなりますが、同じSONYのα7Rというカメラを手に入れることにしました。

この写真はRX-100M2で撮影した、
インドのムンバイのヒルトンの中にある、『THE PESHWA PAVILION』というレストラン。
まさに『王宮』をイメージさせる雰囲気で、いつまでもここに居たい、
という空気がありましたね。

この写真をα7Rで撮影したらどんなに素晴らしいか、
と思うとワクワクしてきます。

ということで、今後の写真も楽しみにしていてくださいね!

至高のiPad用スタイラスペン購入

私は少し前からiPadでの『手書きメッセージ』を書くようになりました。

使っているのは、下記の『PenUltimate』と『ZenBlush』。

・PenUltimate
http://evernote.com/intl/jp/penultimate/

・ZenBlush
http://psoftmobile.net/jp/zenbrush.html

手書きだと図を書くのが簡単だし、
また『メッセージ性』が強くなります。

問題は書く時のツール。

スタイラスペンは沢山あるので、
どれにしようか迷います。

今までは、指で書いていました(^^)

こんな感じや、

http://on.fb.me/1jYW4rU

こんな感じになります。

http://on.fb.me/1pcFZTv

ということで、とりあえずは
スタイラスペンで最高峰である次の2つを『大人買い』。

・Intuos Creative Stylus / Wacom(青いペン)
http://amzn.to/1cDSQZD

・Jot Touch 4 / adonit(赤いペン)
http://amzn.to/OpEB2d

両方とも、Bluetooth対応、筆圧検知機能が2048段階、
パームリジェクション機能(画面に触れた手は感知しない機能)付き
とう優れもの。

この最高峰の2本を使ってみて、
使用感をこのJスタイルでレビューしていきたいと思います。

使わなくなった1本は、
このJスタイルでプレゼント扱いにするかもしれないので、
お楽しみに!

日本の冬はダウンで乗り切る!

こんにちは、自称『ダウンマニア』の平城です(^^)

冬の日本は寒いです。(中国やヨーロッパも寒い!)
特に今年の日本は、歴史を塗り替えるほどの雪、雪、そして雪。
寒い季節ほど、南の島の青い空、青い海が恋しくなるもの。

これを解決するには、やはり『アウトドア』のノウハウを借りに。。

アウトドアショップには、さすが雪山に登れる
防寒ウェアも沢山ありますが、
行きつけの店の定員さんに訪ねてみたところ、

『なんだかんだいって、
やっぱり一番温かいのはダウンです』

とのこと。

↓アウトドアブランドの中でも比較的デザインが洗練されているノースフェイス。
自分には合わないけどこの迷彩ファッションもなかなか。
大水君あたりに着て欲しいところ。

『石井スポーツ』東京大丸店

『なんだかんだいって、
やっぱり一番温かいのはダウンです!』

『なんだかんだいって、
やっぱり一番温かいのはダウンです!』

『なんだかんだいって、
やっぱり一番温かいのはダウンです!』

この言葉は、『笑うせぇるすまん』の『喪黒福造』のごとく、
一瞬にして私の脳を支配し、この言葉が離れませんでした。

他にも複数のショップを見てまわった結果、
気がつくと4つのダウンジャケットを購入していました。。

これで、もともと持っていた『Patagonia』の『Men’s Nano Puff Jacket』に加え、
合計5つのダウンジャケットを持つことに。。

<もともと持っていたもの>
1)Patagonia / Men’s Nano Puff Jacket(27,300円)

<今シーズンに新規購入したもの>
2)Northface / RedPoint Light Jacket(25,200円)

3)Peak Performance / Helium Jacket(25,200円)

4)Peak Performance / Hai Ligner Jacket(24,150円)

5)Mountain Equipment / Xero Hooded Jacket(42,000円)

ダウンの良いところは、何といっても『コンパクトになる』という点。

寒い国から暑い国へと、
特に地球を縦に移動する場合には、革ジャンやコードなど、
とても荷物になって持ち運べません。

その点、ダウンであればこのようにかな〜りコンパクトになるので、
収納時にかさばらず、かなり使い勝手が良いです。

2)Northface / RedPoint Light Jacket(NY17105)25,000円 の場合

3)Peak Performance / Helium Jacket(25,200円)の場合

5)Mountain Equipment / Xero Hooded Jacket(42,000円)の場合

次に、これらの使い分けについて。
日本の秋口であれば、
シャツ1枚に『Northface / RedPoint Light Jacket』を羽織るぐらいでちょうど良いです。

香港・マカオあたりであれば、これで12月ぐらいまではいけます。

1月、2月になれば、さらにこの上に『Peak Performance / Helium Jacket』を羽織って、

『ダウン in ダウン』の体制にすれば、かなりの寒さにまで耐えられます。

積雪地帯だとさすがにこれではダメで、
『Northface / RedPoint Light Jacket』に『Mountain Equipment / Xero Hooded Jacket』
の組み合わせですね。

ちなみに、『Xero Hooded Jacket』については、
ショップの店員さんに、『これでマイナス20度までいけます』と言われ、
即購入(^^)

これでどんな天候にも対応でき、
ますますノマドライフが楽しくなっています!

ノマド必須アイテム!MacBookシリーズ用バッテリー販売終了しました!

下記の記事でご紹介していた、
MacBookシリーズのモバイルバッテリーの決定版、
『Hyper Juice』の販売を終了しました。

http://j-style.in/206.html

販売価格は、

・60Wh・・・19,800円
・100Wh・・・29,800円
(いずれも送料込み)

と、日本の正規販売代理店よりも15%も安い
金額でしたので、あっという間に注文が入りました。

今回注文を逃したという方は、
次回販売時に優先的にご案内する、
下記フォームからお申込みをしておいてください。

<Hyper Juice予約受付フォーム>
→ http://bit.ly/1esea4H

必須アイテム!MacBookシリーズ用バッテリー決定版!

倶楽部のT.M.さんから以下のメッセージが。。

『おはようございます。ただいま羽田空港のスタバで打っています。
ここのスタバには電源がなくて,相当残念でした。

それで思ったのですが,パソコンも充電できるモヴァイルバッテリーって
一定の需要があるんじゃないでしょうか。
市販のものはあまりかっこよくないので,
J-STYLEで提案していただけると嬉しいと思いまして。』

この言葉を聞いた時、
私はあの若かりし頃の忌まわしい出来事を思い出していた。。

時は20XX年。
東京の中央区に住み、自宅のマンションの目の前にある、
夜な夜な『ジョナサン』で深夜ノマドをしていた。

当時のMacBookAirのバッテリーは持っても3時間程度。
快適なノマドライフを送るためには、
何よりもまず電源の確保が至上命題だった。

ジョナサンのようなファミレスには、
必ずといって良いほど一部の座席の近くに、
電源口が用意されている。

掃除をする時に掃除機を繋げるためだ。

よって当時の私は、
カフェやファミレスに入るやいなや、
まずはぐるっと店内を見渡し、
電源の位置を確認していたのだった。

このジョナサンにも電源の口はあった。
1箇所は西側の窓際の足元、
そしてもう1箇所は南側の窓際の出窓のところだった。

私のお気に入りの場所は南側の出窓。
ちょうど出窓に荷物を置くことができ、
テーブルを広く使うことができるからだ。

また窓際で見晴らしが良いというのも心地良い。

私はコッソリと電源口にMacBookAirの電源アダプタを挿し、
黙々とプログラミングに勤しんでいた。

堂々と『電源使っていいですか?』と聞けば、
きっぱりと『ダメです』と答えられていただろう。。

私は電源口にそっとダウンジャケットをかぶせ、
見た目は電源を拝借しているなどと一切わからないようにしていた。

私はiPhoneに入れたノマド音楽を聞きながら、
仕事に手中。

30分ほど過ぎただろうか?

ふと気づくと、
中年のオバサン店員が、つかつかとこちらへ寄ってきた。

私は、電源口を完璧に隠していたので、
平然を装いながら仕事に戻ろうとした、
次の瞬間ーーーーーー。

私のダウンジャケットをぐいっと掴み、

オバサン店員:
『電源使われています?』

平城:
『あ、は、はい。』

オバサン店員:
『電源のご利用はできないことになっていますので。』

私は絶句してしまった。。

いくら店の規則とはいえ、
そこまで徹底して取り締まるとは。。

私はそそくさと電源アダプタを直し、
バッテリーが切れるまで仕事を続け、
その後店を後にしたのだった。。

その時私は、ジョナサンの店長を呼び出して、
クレームを言おうと一瞬血迷ったが、
このオバサン店員が店長ではないにしても、
どうも一番の古株のようだったので、
無理だと判断した。

1kmほど離れたジョナサンの別店の店員は、
特に何も言ってこないのに。。

それからしばらくは、
私はこのデニーズに行くことができなかった。

ノマドは『時間と場所の自由』を手にできることが醍醐味。

しかし実は当時の私は電源に縛られていた。

当時のライフスタイルはといえば、
日中は都内のホテルのラウンジを3箇所ハシゴし、
ノマドをしていた。

その頃のMacBookAirの電源は3時間程度しか持たなかったので、
3箇所のうち1箇所は電源が取れるラウンジを選択する必要があった。
(ホテルの場合、頼めば大抵は貸してくれる。)

『これでは、完全なノマドとは言えない。』

そして私は、

『Mac用 バッテリー』

というキーワードでネット上で検索をしまくった。

昔からのMacBookシリーズは、
バッテリーだけを取り外して交換ができたので、
『スペアのバッテリー』を持っておくことで、
長時間の使用が可能となっていたのだ。

ところが、MacBookAirは『ユニボディ』といって、
ボディがアルミ1枚でできており、
バッテリーの取り外しができないのだ。

当然、アップル純正のスペアのバッテリーも売っていない。
となると純正ではない『外付けバッテリー』を探す必要があった。

まだ出たばかりで、
これ用のバッテリーはなかなか見当たらなかった。

調査は困難を極め、英語圏にまで及ぶことに。。

そして、ついに発見。

その商品名は、『Hyper Mac』。
私はアメリカのショップから直接購入。

当時の価格で3万5千円ぐらいだっただろうか。
安くはないが、これでMacBookAirが
1日中使えるようになるのであれば、
本当の意味でノマドになれる。

春の温かい日差しを浴びながら、
オープンカフェでノマドをすることもできるのだ!

その他にも、
家族でキャンプやピクニックに行ってそこでノマドをすることも。

この環境が手に入るのであれば、
コストパフォーマンスはかなり高い。

そして私は即決で購入。

当時、日本国内で『Hyper Mac』を取り扱っている販売者は皆無で、
個人のブログでも購入したというレビューを書いている人は、
殆ど居なかった。

おそらく日本で『Hyper Mac』を手にした順位としては、
100位以内ぐらいには入っていたのではないだろうか。

そして私は『Hyper Mac』を手に入れ、
その名のとおりハイパーなノマドライフを手に入れたのだった。

例の事件があったジョナサンにも、
堂々とした顔で再訪することができた。

1年ほど使用した後、
『Hyper Mac』のバッテリーの持ちが悪くなったので、
新しいものを購入しようと、アメリカのサイトを再度確認したところ。。

『な、ない。』

『Hyper Mac』という商品は無くなっており、
そのかわり『Hyper Juice』とう商品が掲載されていた。

どうも、商品名は異なっているものの、中身は同じようだ。

いろいろ調べていくとわかったのだが、
どうも『Mac』という名前を使っていたので、
アップルから指摘を受けて名前を変更したようだ。

中身が同じであることがわかれば安心。

私は外付けバッテリの2本目として『Hyper Juice』を購入した。
『Hyper Juice』はその後にも1本購入し、
現在3台目を使用中である。

バッテリーは使い方にもよるが、
1年ぐらいでヘタるので、消耗品と考えておいた方が良い。

まあ年間数万円で、
完璧なノマドライフが手に入るのだから、
全く問題無い。

バッテリーのサイズは

60Wh/100Wh/150Wh/220Wh

の4種類だが、持ち歩きとして実用的なのは、
60Whか100Wh。

それ以上になるとちょっと重いかな。

実測値としては、
MacBookAirに使ったとして、

60Whでプラス2〜3時間、
100Whでプラス3〜4時間、

といったところ。

ところで、昨年の12月に、
私はアメリカのサイトをチェックしていて、
この『Hyper Juice』が期間限定セールをやっていたのを発見。

J-Styleメルマガ読者のために、
在庫の確保を試みた。
そして確保できたのは、
60Whが9個、100Whが7個。

今回の記事を読んで欲しくなった方は、
下記注文フォームから申込をして欲しい。

数量限定なので、こちらは先着順に受付させて頂く。

販売価格は、

・60Wh・・・19,800円
・100Wh・・・29,800円

とさせて頂く。(いずれも送料込み)

<Hyper Juice注文フォーム>
→ http://bit.ly/1esea4H

ちなみに、
日本ではアクト2という販売代理店が販売している。
アクト2では、

・60Wh・・・22,800円
・100Wh・・・34,800円

なので、約15%安くなっていることになる。
このバッテリーの詳細については下記を参照されたい。

http://www.act2.com/brands/hyperjuice/whatishyperjuice/

<追伸>
例のデニーズでの事件の後、
『電源と法律の関係』について調べてみた。
どうやら他人の電源を無断で使用するのは、
法律上は『窃盗』に該当し、
最悪の場合、10年以内の懲役になる可能性も。。

海外ノマド倶楽部メンバーの皆さんは、
絶対に間違えても警察沙汰にならないよう、
このバッテリーを入手しておいて頂きたい。

◆無断使用は“1円”でも犯罪!電気窃盗!
→ http://bit.ly/1eII0yd

<追伸2>
平城がこのバッテリー(100Wh)をゲットした時の図。

当時の記事:http://on.fb.me/1fRcOiG

現在、2台持ち(^^)。※注意:アップルシールは付属していません。

当時の記事:http://on.fb.me/1aVpXJT

ファミレスで使っているシーン

当時の記事:http://on.fb.me/1cMxt8J

<追伸3>
あのガジェット系の「ビデオブロガー」として有名な、
ジェット・ダイスケさんも推薦!

http://bit.ly/LqD5dG

J-Styleプレゼントキャンペーン第2弾!!!iPad/iPad mini/iPhoneで使える『Bluetoothキーボード(ANKER)』

Jスタイルプレゼントキャンペーン、
第2弾の当選者の発表です。

今回は先着順ではなく、
『頂いたコメント』をもとに決定させて頂きました。

多くの方から熱いコメントを頂いたので、
判断が難しかったのですが、

今回当選したのは、

『R.O.』さんです。

R.O.さんのコメントは、

『自宅では今Lets Noteを使っていますが、
PCを持って外出することはあまりないです。
でも、出先でiphoneを使う時、メールくらいならいいけど、
evernoteなどで長文を打ちたいときに手打ちでは気が遠くなるので、
キーボードがほしいなぁとずっと思ってました。

2014年中に独立&ノマドデビューを公言した私の、
最初のビジネスアイテムにしたいですー!!
今まであまり継続的な情報発信をしていなかったので、
常に持ち歩いて、平城さんのようにいろんな場所から
情報発信をして、ノマドを実践したいです。』

でした。

R.O.さんの『決意表明』とも取れる

強い意思を感じましたので、
プレゼントすることに致しました。

R.O.さん、おめでとうございます!

Jスタイルでは、
『クールでスタイリッシュなノマドアイテム』を紹介するとともに、
今後も様々なプレゼントキャンペーンを行っていきます。

キャンペーン情報はメルマガで案内しますので、
下記に登録しておいてくださいね。

【J-Styleメルマガ登録】
http://bit.ly/1iJTJEl

————————————–

◆キャンペーン内容◆

————————————–

J-Styleのプレゼントキャンペーン第2弾です。

今回は、iPad/iPad mini/iPhoneで使えるBluetoothキーボードです。

私はキーボードには特にこだわっています。

良いキーボードを使う

入力スピードが上がる

モチベーションも上がる

仕事の作業効率が上がる

収入が上がる

という良いスパイラルが生まれますからね。

今回の商品は、『ANKER』というメーカーのキーボード。

ANKERについて説明をしておくと、

Googleの元社員がスピンアウト(独立)して設立した会社で、
さすが、安価で質の良い商品をクリエイトしてくれています。

安価だからアンカー??(笑

このキーボードも、
このスタイリッシュなデザイン、
打ちやすさでなんと、Amazonで2,144円です!

Amazonで商品を見る
→ http://amzn.to/1f563J6

これを見て我慢できなくなった方は
いきなりポチッと買うもよし、
今回のプレゼントに応募するもよしです。

ちなみにこちらの商品、
開封後動作チェックをしただけなので、
99%新品です。

何故これを手放すことにしたのかは、
これよりも打ちやすいキーボードを既に持っているからです。
ちょっとこちらは値が張りますので、
また次回紹介することとして。。

今回のプレゼント応募条件です!

<応募条件>
・当選したら、写真付きでご自身のfacebookにて
ご報告頂ける方

<応募方法>
・本記事にいいね!して頂いて、
『この商品をゲットしたらどのようなノマドシーンで使ってみたいか』
について、コメント欄にお書きください。

その後、こちらの応募フォームから応募してください。

◆プレゼントキャンペーン第2弾応募フォーム

→ http://bit.ly/19WJicY

締め切りまでに書いて頂いたコメントのうち、
最も素敵なノマドシーンを書いて下さった方に、
今回の商品をプレゼントします。

<締め切り>
2014年2月1日(土)の23時59分

<選考方法>
素敵かどうかの基準は、
こちらの判断にて決めさせて頂きます!
(コメントへの「いいね!」数も参考にさせて頂きます。)

当選者の発表は、メルマガにて行いますので、
予めメルマガに登録しておいてください。

【J-Styleメルマガ登録】
http://bit.ly/1iJTJEl

パッケージはシンプル。

iPad Airと使うシーン。

iPad Airと使うシーン2。

iPad用ケース『Smart Cover』は機内で便利!

iPad/iPad Air/iPad mini用の『Smart Cover』。

アップル標準のものですが、
これは機内で便利です。

私はこのように、機内で食事を取る時に、
予めDVDからコピーしておいた映画を、
iPadで鑑賞しています。

機内の映画は機内放送のタイミングで途切れるので、
嫌いなのです。

常日頃は殆どの時間を『アウトプット』に費やしていますが、
この食事の時間だけはインプット、
そしてささやかな至福の時間です。

このSmart Cover、おすすめの色は、
やはり『PRODUCT RED』。

購入金額の一部が「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」
に寄付されることになっています。

◆PRODUCT REDについて
http://www.apple.com/jp/product-red/

◆Smart Cover(iPad Air用)
http://store.apple.com/jp/search/iPad-Air-Smart-Cover-PRODUCTRED#

◆Smart Cover(iPad mini用)
http://store.apple.com/jp/search/iPad-mini-Smart-Cover-PRODUCTRED#